福井県コンクリート診断士会

Facebook

令和2年度 プレス情報


多発する自然災害、これから求められる技術者の使命と役割

建設工業新聞の記事
掲載新聞 建設工業新聞
掲載日 令和3年01月06日

【記事抜粋】
 福井県コンクリート診断士会(山川博樹会長)が主催する、20年度のオープンセミナーは12月25日、福井市手寄の福井県県民ホールを会場に開催された。
 今回は、多発する自然災害、これから求められる技術者の使命と役割をテーマとした。
 同士会116回目の研修会で、公益財団法人福井県建設技術公社が共催した。参加者は、一般を含め約80人。
 山川会長が開会挨拶。一般参加も可能なセミナーとして16回目を紹介。あわせて、先に同士会が地域鉄道の2社、福井鉄道と、えちぜん鉄道との間で締結した、 鉄道施設の検査・診断等の支援に関する協定の意義について触れ、「全国25地域の士会の中でも初めて。社会の安全性の向上に、一層寄与する足掛かりとしたい」と強調した。
-インフラの維持管理に使命感-
 福井県コンクリート診断士会では、高度経済成長期のインフラが高齢化し、多発する大規模災害による、コンクリート構造物の劣化や損傷を指摘する。
 あわせて、人口の減少や、少子高齢化、建設業に携わる担い手不足も心配材料とする。
 その上で、防災・減災の対策へ、コンクリート構造物は重要なインフラの一つ、と明確化し、「新たに建設される構造物も含め、いかにインフラを効率的に維持管理していくのか。 我々の子や孫の世代に、余計な負担をかけないように出来るのか。これらの課題を解決することが、今まさに、我々に求められている」と、問題意識や使命感を強めている。



令和3年1月06日 多発する自然災害、これから求められる技術者の使命と役割
令和2年12月07日 フクイ建設技術オンラインフェア ~再生・保全に関する技術~
令和2年11月30日 鉄道の橋梁など検査・診断 ~専門知識で社会貢献/全国初 支援協定結ぶ~
令和2年11月28日 福鉄、えち鉄 災害時振り替え輸送/協定を締結 ~診断士会とも修繕連携~
令和2年11月28日 福鉄、えち鉄 連携強化 ~災害時 振り替え、代行 相互協力~
令和2年11月27日 周辺に配慮 施工上の工夫聞く ~足羽川ダムの現場見学会行う~
令和2年11月24日 技術者育成のモデルケースに ~学生40人 橋梁の老朽化対策学~
令和2年11月20日 道路点検の手法 高専生44人理解 ~鯖江、橋の打音など確認~
令和2年11月16日 補修工事の内容を見学 ~小舟渡橋と宮前川鉄道橋~
令和2年09月30日 床版取替の現場を見学 ~九頭竜湖沿い、小子馬巣谷橋劣化~
令和2年09月23日 橋梁定期点検マニュアル改訂研修開く ~合理化内容、会員へ周知図る~
令和2年08月24日 第111回研修会 令和2年度技術交流会 ~使命感の共有図る~
令和2年06月24日 資質向上へ現場研修の充実など ~福井県コンクリート診断士会の総会 Web会議方式~

調査研究事業報告書バナー 創立10周年記念誌バナー 北陸路への寄稿バナー 連携推進事業報告書バナー

事務局

TEL:0776‐56‐1234
福井宇部生コンクリート株式会社内
〒910‐0142
福井市上森田5丁目1105-1